読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球外知的生命体とコミュニケーションできる可能性

2017年4月21日。

地球の40光年先にスーパーアース発見、生命体の証拠確認に有望視 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

ちょっと、びっくりですね。もし、40光年のところの生命体が知的生命体であって、知的文明が発展していたら、リアルタイムで地球外知的生命体とコミュニケーションできる可能性があるんですよ。

広い宇宙、地球以外に知的生命体は存在するでしょう。知的文明の発展も否定できません。しかし、宇宙が広すぎて、一つの星の知的文明と他の星の知的文明のコミュニケーションに要する時間は、知的文明の持続時間よりも長いことが予想される訳です。他の星の知的文明からの信号をキャッチしたときには、その文明は滅んでいる。死者からのメッセージのようになっているような、悲しい顛末が予想される訳です。

文明の持続時間内にコミュニケーションすることが困難であろうという予測に反して、リアルタイムにコミュニケーションできる可能性が出てきたんですね。自分が発した信号が40年後に他の星でキャッチされ、その返信を更に40年後に自分自身でキャッチする。驚異ですね。何十世代とかをまたいでではなく、一つの生命が送信と受信をするんですよ。

申し訳ありませんが、量的な見積りをした訳ではありません。文献調査もしていません。コメットハンターだった父が自身で星を眺めて宇宙の広さを感じ、私が聞かされた感覚でもあります。父なら何らかの計算をしたかもしれません。UFO騒ぎに対して、星図を持ち出して「あれは金星だ」って解析してましたので。