読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

講義1 平成28年度第16回目

教育

2016年6月10日。

6/8(水)は講義1の16回目、最終回で目標2の試験と目標2の演習の講評のあとに、授業評価アンケートを実施して、終了。もちろん、目標2の試験の採点だけでなく、目標2のレポートの採点も残ってはいるが。

「多忙に付き、授業の対応は後日」との張り紙を教員室前に貼ったまま、今日は出張。午前中の用事は済み。ホテルへチェックインを済ませ、夕方の用事まで休憩。2年半前の「今生の見納めになるか」というもの、再び遠巻きに眺めることができた。チェックイン時間まで間があったので、少し歩いた。空き時間に研究費の申請書を書こうと思っていたが、そこまでの力は出ない。

試験を眺めた感じでは、「予想通り」良くできている。つまり、「あ、数学的に厳密な定義の記述は、避けたな」と思うもの多数。演習の講評としては、「中には『これだけの暗算ができる』という人は、2-3人とか、いるでしょう。しかし、演習なのでそんな振り、暗算をできる振りをしても仕方ない。」「写経って知ってますよね。それと同じ効果があるので、まず書く。すると、問題が解けるようになって、やがて理解もできるようになる。」