読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がブログを始めたきっかけ

今週のお題「私がブログを始めたきっかけ」

2015年6月20日。

下、6/18のブログの一部です。

最初に 書きましたように、「成人スティル病の大学教員が、頑張って職場復帰をしている」というのを発信し、他の闘病中の方を励ましたいというのが、このブログを 綴り始めた所以です。皆さん、お体にお気を付けて、頑張って下さい。くれぐれも無理をなさらないように。人生を大切に。

---

少し「近況」を追加。

私の学科は、情報系半分、材料系半分と言っていいでしょう。それが、改組にあたり情報の学科と一緒になります。意味するとことは、おおよそ情報系3/4、材料系1/4となると言うことです。今まで、「材料系の大学教員が情報系のグループに入れられて、予算を分けてもらっていた」状況の私には、危機的に感じてしまうんです。あつものに懲りてなますを吹いているところも多少はあります。親(教授)の傘のない中で長年やってきたので、そのような面はあります。しかし、傘を差してもらえない私に、雨が直撃するダメージは、傘のある人に比べて大きいことは否定出来ないのです。心臓神経症(不安神経症のパニック発作の一つ)の前兆の様なものが見られますが、ステロイドの副作用の不安神経症とは厳密に区別すべきもの思います。

実は、3月終わり頃から道場で竹刀の素振りや剣道形の練習の相手をやったりしています。しかし、先週の土曜と今週の木曜は疲れてしまって、行きませんでした。今週の木曜は、上に書いた「胸がいっぱい」状態でもありました。6月中旬、じろうの悪化も見られます。また、唇の内側を噛んでほんの軽い口内炎口内炎用の軟膏は貰っていますが使う程ではありませんでした)になりましたが、そのために口内細菌が少し増えたのでしょうか、歯周病っぽい感じが少し出てきました(洗口液ももう不要かと思っていましたが、まだ必要なようです)。また、昨日は、箸を噛んで先っぽを折ってしまいました。表皮(今回は口内の表面)の感覚に異常があるのは、ステロイドの典型的な副作用ですね。