読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

校正

研究

2015年3月25日。

12月半ばに受理(アクセプト)された論文の校正を済ませました。一安心です。

アクセプトされただけでよしとしてしまう研究者がいるのは、短絡的成果主義・行き過ぎた競争の弊害でしょうね。インパクトファクターの積分を競う場合、継続する論文との関連はないがしろになりがちです。しかし、セルフ・サイテーション(自分で自分の論文を引用する)の場合に、「校正のときにこの誤字を直しておけばよかった」って思いたくないですもの。