読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博士前期課程講義 平成29年度1回目

2017年4月11日。

この講義は、ダブルディグリー(海外の提携大学の学位と本学の学位の両方の同時取得)のコース講義となっているので、本来は英語で講じなければならない。「開講年度の数字が奇数のときに英語で講ずることになっています。偶数年次に日本語で補講を行うことを計画しています。」という私の親切に対し、かつて「どうしても今年度に日本語でやって欲しい」といわれ、受講生の多くがそうだということで、嘆願書でも出てきたら応じざるを得ないと応えたことに対し、それに等しい形に持っていかれました。つまり、ダブルディグリー(DD)を学生に崩壊させられました。

更に、この科目は「コンピュータ工学系」とかいう3つのコースの共通科目にもなっています。ところが、私の所属するマスターのコース以外の二つのコースの時間割表には記載されていません。これも崩壊しているんでしょうかね?

以前は、半分は材料系への応用を観点に置いた統計力学・熱力学、もう半分は工学基礎としての統計力学・熱力学ということを宣言していました。それが、「コンピュータ工学系」の共通としては不適切だったのかもしれません。工学基礎としての授業はやります - DD科目としても適切かと思います。材料系の統計力学・熱力学もやります - 「コンピュータ工学系」の共通科目にはしませんし、DD科目にもしません。実は、今が機会なので、担当者に伝えました。

さて、講義内容ですが、「フラクタル」です。ゲル、ポリマー等の網目構造を解析するために必要だったという、自分の需要から、この内容にしています。フラクタルは、極力避けるようにしてきました。それは、取り留めたがないからです。それを知らない方は、平気でフラクタル様になる条件で結晶成長・材料プロセス等を行います。避けようと努力してきたこことの一番は、X線。二番は真空。これらは、漏れが起きると取りとめがなくなる。

今日はイントロですが、ある程度の「絵」を見せます。分数の次元、自己相似性というキーワードは出します。それが、イントロに相応しいと思います。

履修者名簿を見ていて、高分子(合成)系の学生が履修しているのかな、と思いましたが、違ったようです。また、フローリーの教科書を使った講義があったはずなので、高分子の広がりのフローリーの指数の例を出しましたが、聞いたことがないようでした。

講義1(前期開講分) 平成29年度1回目

2017年4月10日。

今年はのこの講義は、前期の前半に工学部の学生に対して開講し、後期の前半に理工学部の学生に対して開講する。前者は3年生、後者は2年生。月曜の午前中には、数学演習の授業がある。これは3年生向け。つまり、マクスウェル方程式を記述するための数学の演習は、3年生の学生に対しては同時進行で演習の授業がある。今までは、講義内でベクトル解析の演習を行ってきたが、3年生に対しては少し演習問題を変えようと思う。後期前半の2年生に対しては、変えない積り。3年生の学生に対するこの講義は、前期の内に再試験に相当するものを繰り返し、前期のうちに全員合格としたい。3年生の学生に2年生対象の講義は受けさせない。これは、先行科目が異なることを意識して授業の構成を組み立てるため。本日の講義の最初のイントロダクションでは、そんなことも説明しなければならない。

イントロ(授業の注)の後半は、先行科目の説明。つまり、マクスウェル方程式に基づいた学問の体系の説明。電磁気学マクスウェル方程式を学んだ次の段階がこの講義。発展としては、導波路や導波管中での電磁場の振舞い(光波の場合だと光導波工学)、レーザー共振、回折の応用としてはフーリエ光学。

まだイントロは続くがもう専門分野の領域。可視光がどの波長領域かをイメージしてもらうために、比視感度の話を。比視感度の漢字を板書し忘れ。λ[m] = 300/f[MHz]を紹介し、光と電波の波長の違いを「自主学習を促すために、自分で確かめて下さい」と。

イントロの後は、マクスウェル方程式を思い出してもらうことを、教科書に従って行う。それに次いで、次回の講義のためにガウスの定理とストークスの定理を思い出してもらうことをして終わり。例年、マクスウェル方程式については、単なる数学ではなく、物理的なイメージを持てるような説明を加えている。元の積分系の法則を微分形に書き換えたものだという説明は当然。電場のイメージ、電束・電束密度のイメージの説明を加えている。さて、電気力線の密度だとイメージが沸きますよね ・・・「 あれ、電気力腺の「単位」って」という問題は、解決済みですか?

ベクトルの微分演算子について説明した後、次の授業に使うガウスの定理とストークスの定理の説明。忠実に教科書に従うならば、講義の意味は(ある意味で)ない。講師独自のアクセントがあるから、講義の意味がある。この場合のそれは、「部分積分の3次元版、2次元版がこれらの公式ですよ」。

この学年は、私が新入生オリエンテーションで「学生生活について」を行った学年。一つ前の学年も私の担当だったが、入院中で副学生委員に代理をしてもらっている。2年前の新入生オリエンテーションで「咳エチケットについて」話したことを覚えていますか、授業開始に2年前のスライドを示した。その後、現在は免疫抑制剤だけになっていて、私自身がマスクをすればよい程度まで回復しています(お陰様)の補足。

課外活動に関する大学教員としての建前と本音

2017年4月9日。

まだ、3年生に対するオリエンテーションが残っているが、一応明日から授業開始。

新入生オリエンテーションの一環で、弁当を食べ~歓談したときにのべたことを記しておきます。課外活動に関して述べたことです。大学教員としての建前と本音ですが、長男が3才のときにアメリカで一緒だった方と、出張のときに浪人中の息子と一緒に食事をしたときに話したことでもあります。

運動はした方がいい。私の例だと、運動の習慣があったので、本来ならばステロイドがもっと減量になってから、ステロイド筋症からの回復のためのリハビリをするところ、廊下の手すりを使って自分で筋力回復を行いました。運動部に入ることは必須ではありませんが、運動はして下さい。私自身は、運動部には所属していませんでした。今では、剣道5段に挑戦できるまでに回復しています。

スキルを身につけると強い。これはについては、「私は第一級陸上無線技術士です」と、自分のことを最初に紹介します。器用貧乏には注意しなければなりませんが、研究で使用する測定装置の一部は、自分で電気電子工作をします。さすがに一家を支える身での転職は無理ですが、退職後に年収300万円くらいの再就職は可能なようです。

もう一つは、教養とか文化とかの類。これも私の場合の紹介から。昔取った杵柄の将棋3段です。町内将棋大会では、1回戦突破程度です。大学の将棋部の助言指導教員をやっていますが、大会へ出場して勝つようなレベルは5程度なので、歯が立ちません。それでも、自分の幅が広がるんですね。プロ棋士と一緒に写った写真もありまます。また、将棋などだと、大局観などの人生訓を語り合えます。武道にも棋道と同様なところはあります。「運動部」には、社会の中でそれに基づいたネットワークが存在しますし、教養・文化についても同様ですね。仕事だけのネットワーク以外に、多重のネットワークがあると、人生広がるよ。

もうこれで本音はわかったでしょう。これには、前置きとして、運動でもスキルでも教養・文化でもなく、単に語り合う仲間が実際のところ切っても切れない繋がりをもていることがあることを。つまり、何の目的もなくて「だべる」仲間、そこにも繋がりがあるんですね。運動部で強固なネットワークができるのは、そんな時間があるからでしょうか?

実は私、将棋部は1年生の前期でやめました。授業の後に夕食まで将棋。食事の後の付き合いは、将棋のこともあれば麻雀のこともありました。毎日食事後の付き合いをしていては、勉学の時間が減ってしまいます。私は大学院は応用物理学科へ進学しました。何とM1のときに1年生のときに将棋部で一緒だった奴が、留年していて、その関係で研究室(の教員のところ)へ来ました。声を掛けてくれたのは向こうの方からでしたが、1年生のときのことが一気に蘇って来ました。もう、もう再現はありえないことは、寂しいことですが。米国でなった友人との繋がりが復活したのは全く偶然ですが、家族ぐるみの付き合いはもう切れないでしょうね。

H29年度新入生研修

2017年4月8日。

今年度の新入生研修は、先日に教員紹介と交流会を済ませているので、プレゼンテーションスキル等の講義等と「ブレインストーミング(BS)とKJ法」の実習の1と2。今のM1の学年が1年生のときに始めたBS&KJ法。最初の年はシラバスに書けなくて、授業のときに学生の合意を取って実施。一昨年度の試行を経て、昨年度から本格的な全学の取り組みとなった。全学の取り組みとなったので、後身に担当を譲る。新入生研修の形のこの取り組みの担当者は、毎年全数入れ替えがこれを推進している組織の方針だったが、きつい言葉で批判し、半数入れ替えとした。私は前年度で終るはずで、今年度の担当者はゼロから授業準備をするはずが、今回の新入生研修が引き継ぎの機会となった。

不思議なことに、5年前はブレインストーミングのルール違反をやるグループが多くあり、「交通整理」を行う教員やTAが必須な状況であったが、年々改善されている。TAの院生はそれを経験しているので、必要ならば交通整理をする積りでいてくれた。ところがその必要は全くなかった。担当者が年々やり方を工夫しているだけでは、TAの数をもっと減らしても問題ないのでは、という程の改善は期待できないはず。年々やり方を工夫するには、半数入れ替えは、非常にいいい。更に改善が期待できる。担当者の工夫以上の改善は、受講生の意識の変化ではないだろうか? 大学入学以前にBS&KJの経験をしている学生が優位な数になっている。卒業生が帰省したときに高校などへフィードバックを返しているのかもしれない。

ブレインストーミングで自由奔放に意見が出てくるのを見るのは、嬉しい。BSのルール無視で貝になってしまったり、肩をすくめたり、肩を怒らせたりする雰囲気だと、担当教員も気が滅入る。自由闊達な雰囲気からは元気をもらえる。

ブレインストーミングのいいところは、人間的な成長があること。大げさな言い方かもしれない。TAの院生はそれを、「議論は論理的に進めるべきだという先入観から、批判を行ってしまったが、(批判をしないで)話を最後まで聞くことを学んだ」と言うように言っていた。話を最後まで聞いてもらえて、人前で話せるようになった、という効果のあった者も。

上には上がいいる

2017年4月2日。

無事新年度になり、長男は無事に東大生になりました。

昨日のオリエンテーションで早速定期券を忘れるという、蛙の子は蛙をやってくれたようです。ちゃらんぽらんは、しかし、強いんです。悪天候で飛行機が飛ばなくても、平然と列車を乗り継いで出張から帰任し、次の日からのスケジュールに変更を来たさない私です。

オリエンテーションで何やら役を受けることになったとやら。

一浪していた期間に「上には上」を思い知ったようで、入学後にも再認識するであろう「上には上」に対しても、おそらくプラスのものを多く得るのではないかと思います。

長男は、英語に絶対的にアドバンテージのあるようです。中学のときは、2年生のときに卒業式でピアノ弾いたくらいなので、音感がいいのでしょう。もちろん、高校ではそんなことはなかったので、これに関しても身の丈は知っているでしょう。

東大の驚きは、正規の外国語として上海語があるとのこと。やはりすごい。発音体系が全く異なるので、北京語とは別ものとして教えるべきこと(上海語は北京語と違ってツービートだし、同じ音を繰り返すときに後ろの方を濁音にしたり)についてではなくて。文化が分かっている、社会がわかっている、と思うのです。

4月から人生の新たな段階に入る君たちへ

2017年3月27日。

私の長男は、1年の浪人の後に第一志望校に合格し、4月から東大生としての生活をスタートさせる。1年前は浪人生の生活のスタートであった。これも人生の大切な一段階であった。現役合格していたら、この一年の間の人間の成長はなかった。

4月からの生活が更にもう1年の浪人となる人、人生の次の段階とならない人もいるだろう。同じ段階に留まっても、それが人生の重要な一期間であることには変わりない。

4月から人生の新たな段階に入る君たちへの言葉は、「惜福」である。

文脈からは、4月からの生活が人生の次の段階とならなかった人のことを思うこころのことになる。そんな短絡的なことに限定しない。長い人生、訪れた福を早々に使い切ってしまわないように。

大学教員からのお節介を加えよう。学業成就の困難さを認識して下さい。

更に私が現在学生委員であることから。大学に入学しておきながら、本来の第一志望校に再挑戦することは立派な選択肢の一つです。その上で、その選択肢を選ばせてくれた、サポートをしてくれている周囲の方のことを忘れてはいけません。

私が大学合格した春に彼岸仏になった祖母

2017年3月26日。

私の祖母が死んだのは、30年以上前のことですが、私が大学に合格した春の彼岸のことでした。脳血栓による脳軟化症が進んでいたので、私の大学合格はどの程度の認識だったか。私の祖父が腸閉塞でギャンブル的な回復手術で一命を取り留めたのは、私の父が高三のときだったと聞いています。

私の長男が東大に合格したことに、私の母は大変喜んでいます。私と同様に、一年待った喜びの日でした。しかし、母は喜びの日の数ヶ月前に脳梗塞で目が不自由になってしまいました。私が心膜炎でギャンブル的なステロイドパルス投与で一命を取り留めたのは、長男が高二になる3月のことでした。

似たような歴史が繰り返しているようです。父の苦労と似たような状況を長男に経験させたわけでした。しかし、すこしづつ状況は改善しながら。父は、家計を支えながら大学に通いました。苦学が祟り、休学もしました。私の長男には、そのような苦学をさせることはないと思います。

息子を通じて親孝行ができました。状況は似ていますが、私の父が私を通じて私の祖母にした親孝行に較べると、伝えた喜びが何倍にもなって返ってきたかどうかが大きく違います。実際に肉声で返ってきたことは、やはり比較できないくらい大きいと思います。私は浪人をしませんでした。長男の場合は一浪しているので、私の母の脳梗塞の後遺症の程度によっては、喜びが肉声で聞けなかった可能性もありました。

子供を通じての親孝行ができて良かった。